ニュース&トピックス

事務局だより


市P協正副会長と、神戸市教育委員による懇談会を行いました。

平成29年1月31日(火)16:00〜 於 神戸市役所 教育委員会議室


▲懇談会の様子

 1月31日の午後4時より約2時間、教育委員会会議室において「神戸市PTA協議会と教育委員会との懇談会」が行われました。
 市P協からは会長と副会長5名(5校種PTA連合会長)、市教委は教育長、教育次長、教育委員、委員会事務局の方々が参加し、終始和やかな雰囲気の中で懇談が進められました。
参加者の自己紹介も交えながら、協議会、次いで5校種の連合会長からそれぞれの校種の特色と、今年度の活動や現在進めていることをお伝えしました。
 山原市P協会長からは、全国でも珍しい幼・小・中・高・特支の揃った協議会の特色として「専門委員会」、「PTAフェスティバル」や、単位PTAの活動充実のため、各連合や協議会の存在意義を学習する「PTAカンファレンス」について話されました。
協議会、連合会に関わらず「PTAは、先生、子供、保護者、地域、そして教育委員会をつなぎ応援・協力するための組織である。今後も同様に支えていきたい」という共通した思いを伝えました。

情報交換主旨(各校種から)
・公立幼稚園ならではの良さを生かすための園の存続と、先生方の多忙化・子供にかかわる時間の確保等に関わる委員会による支援のお願い。【幼】
・小規模校、大規模校によって違う、子供と保護者の課題。【小】
・中学校給食再開と徹底した衛生管理を進めていることに対するお礼。【中】
・少子化、統廃合による高P連存続の課題と広範囲の地域連携の在り方。【高】
・特別支援にかかわる教員免許を保有する職員増員。【特支】
・教職員の信用失墜行為について、資質向上のお願い等。

教育委員の方々からの感想や情報
・職員研修の充実による資質向上。
・家庭教育としての食育の充実。
・PTA活動に対して、多忙な中で日々情熱をもって活動することへのお礼と、学校現場はPTAによって支えられているため、今後の教育委員会との連携、力添えのお願いしたい。
・「わたしたちのPTA」の内容(資料)から、PTAスケールの大きさを感じる。
・給食問題はPTAが応援してくださった。
・日Pからの教職員定数削減に反対する財務省に対する意見書についても感謝、等々。

最後に、PTAは保護者だけでなく、学校・地域・子供たちとも協力して成り立つ。
連携することで、様々なところへ声を届けることができる大切さを確認し、閉会しました。

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454