ニュース&トピックス

事務局だより


第72回 指定都市PTA情報交換会 仙台大会報告?

全体会・記念講演 記録(中P連 藤田)


▲記念講演会の様子

第72回 指定都市PTA情報交換会 仙台大会
全体会・記念講演 記録

日時:平成28年9月16日(金)9:30〜
場所:仙台市青葉区中央4丁目1-8
   ホテル「ホテルモントレ仙台」 3F翠鳴館

全体会 分科会報告
 第1分科会 内藤恵子 「参加したくなるPTA組織と運営」
       動員型から参加型の活動へ。
        子供や親にとって魅力的な活動を行うことにより解決をはかる。
       災害時の対応
        災害訓練時に豚汁の炊き出しをPTAがやったり、企業と連携した防災用品の備蓄や防災基金の運営をやっているところがある。
       他の親と関わらない「独居老人」ならぬ「独居会員」がいる。
       学校と地域をつなぐPTAでありたい。

 第2分科会 蘆澤義章 「地域とともに育む子供たちの豊かな心・防災について」
       地域ごとの防災訓練が参加者の低減と意識の低下がみられる。
        イベントと組み合わせて「防災フェス」とすればいいのではないか?
       PTAとしての役割
        1万人規模での(同時刻)防犯パトロール (北九州市)
       PTAマニュアル冊子を入学式に新入生と新任の先生に渡す。

 第3分科会 永見幸久 「研修や研究を通して学ぶPTA活動」
       新会長向けの「よろず相談会」を開催しているところがある。
       動員ではなく声掛けにより自主的に参加を募ろう。
        ○人動員 ⇒ ○人限定  プレミア感を出す。

第4分科会 角張貴彦 「効果的な広報活動について」
       広報誌の発行回数平均3回(2〜13回)
       企業広告を載せている広報紙もある。
        企業をどう選定しているのか? 学校のOBが経営している会社等。
       カラー印刷で見やすく。
        予算はさほど変わらない。

記念講演 講師:小崎恭弘 「笑っているパパがええやん!」
     大阪教育大学教育学部教員養成課程家政教育講座(保育学)准教授
     1968年生まれ(兵庫県出身)

西宮市役所の女性職員の育休取得率90%に対し、男性職員の取得率はわずか2%。
乳幼児の父親向けの「パパスクール」が100位ある。
 これがPTAの予備軍になりえる。
「笑っている父親を増やそう」運動
 子供の表情が硬いのは、親が笑っていないから。こそばせてでも笑わせよう。
 パパになっている意識がないパパがいる。
 子供の身体の温度に対する耐性を弱めていないか?
  3歳までに体感温度の個別差が確定する。(沐浴時の過剰な温度管理が原因では?)
フレンドリーなパパが多すぎる。
 「𠮟る」には、メッセージ性・ゴール・愛 この3つが必ず必要!
反抗期がない子供、親は楽と思うが…。
 葛藤は親との対峙から生まれる。反抗期はあったほうがいい。
将来を気にした子育て…。 ×
 今の子育ての延長上に将来がある。
 思考(イメージ)の出来る出来ないは、1〜10歳までの経験が大きく左右する。
父親と母親で真逆の接し方をしよう。
 遊びや楽しさ、変化をもたらす人が子供にとって必要。
失敗してもいいんだよ。 こければ又立てばいい。
 他者と比べられ続ける子供たちに心を休められる人と場所を。結果、負けない力になる。
子供と仲良くなる10の方法
1.笑顔で挨拶をする
2.朝の時間を一緒に過ごす
3.ミルク、離乳食を食べさせる
4.子供の好きな事をする
5.子供のペース・ルールに合わす
6.大好きと伝える
7.ダイナミックな遊びをする
8.読み聞かせの絵本を作る
9.二人だけで出かける
10.イベントなどで非日常を演出する
の内、4、5を父親がやる事。
子供の成長とともに子供と親のOSをアップグレードしよう。
ママとの良い関係づくり
父親が子育てから逃げると母親はあきらめる。
子育てはいつ始めても遅くはない。
夫婦間で思いや考えを理解するよう会話を増やす。
親の役割は、子供を自立させること。
親の価値観を伝え、自分で決められるまでは子供の価値観を育てましょう。

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454