ニュース&トピックス

事務局だより


第64回日本PTA全国研究大会徳島うずしお大会 全体会報告?

参加した皆様からの報告☆☆


▲アトラクション!盛大でした。


▲開会式(写真:岡本(小P))

記念講演:

輝く未来をひらくために大切な事

〜子供たち、そして私たちが自立するために〜

第64回日本PTA全国研究大会 徳島うずしお大会
全体会報告 2016/08/21(日) アスティ徳島  記録:達可 仁(小P連)

全体会記念講演
講師:竹宮惠子氏(京都精華大学学長)


母親の子供への執着心のなさがポイント→おかげで自由だった




想像力で試す事→冒険を実行に移す前に

 新しい遊びを作る事(小学生時代)

 親に内緒でマンガを描き始めた頃(中学時代)

 でもまだ自立できている訳ではない(高校時代)

 受験か就職か母とバトル(高校時代)

 親に頼らない、マンガで得る収入のみの自立生活(中途退学)

 誇らしくあるが、未来は不安でいっぱい(中途退学)

 半年先まで仕事とを入れて、安心する(中途退学)




相応だけでは済まさない、想像は実行の予行演習

 想像力で家を作り、家族を作り役割を演じる(小学生時代)

 想像は現実に影響し、人言関係を変える(小学生時代)

 自分お価値観で世界を展開する楽しみ(中学時代)

 親には理解できない世界、自分の選択が自分の将来を決めるという、不安(中途退学)




小動物 多世代との暮らし、言葉と価値観の違いを知る。

 友達とケンカや意地悪、競争などの意味をしる(小学生時代)

 高校でどう過ごすかがすでにターゲットになった、(中学時代)

 友人に漫画を見てもらって、漫画家になると宣言(中学時代)

 受験を選択した訳は 漫画を描く時代の確保(高校時代)

 専門誌へ投稿、傑作入選(高校時代)

 他人と比べる、比べられる事になる。(中途退学)

 差別が嫌いな漫画家(社会人)

 仲間を作るチャンスを逃さなかった(社会人)

 共同体の運営と少女漫画の革命が同時進行した。(社会人)

 仲間の集まりは、同時に評価しあうばでもある。(社会人)

 自分が負けても相手や状況を憎まない(社会人)




一人と友達といることの違い

 登下校の時間、一人で歩く楽しいを知る(小学生時代)

 差別せづ、群れる事なく、自分の考えを大事にする(小学生時代)

 集英社の漫画種に傑作入選(高校時代)

 業界を覗き見る経験とともに 自分の可能性を感じる(高校時代)

 発表する作品ひとつひとつが、自分を価値づけていくことの恐ろしさ。(中途退学)

 その厳しい状況を乗り切れたのは、自分を客観的に見る練習ができた。 (社会人)

 人から評価されても、自分を客観的に見る事が出来たら楽だ。(社会人)。







結果

子供に執着を持たない親なので、子供を突きはなして育てる。

客観性が育っているおので、誰かが自分を追い抜いていても、誰かの責任にしない。(社会人)

親から離れて自立すると一人でいる事で、雑音がなく、自分らしさを考えるようになった。(社会人)

他人を羨ましがらなくなった。(社会人)

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454