ニュース&トピックス

事務局だより


第64回日本PTA全国研究大会徳島うずしお大会 分科会報告?

特別第2分科会報告です!


▲特別第2分科会の様子(写真:小島洋一(小P))


▲同じく特2(写真:三浦 国英(中P))

特別第2分科会
あわぎんホール  (記録者)安東 尚子(小P連)
オープニング:松茂リズムダンスクラブによるダンスパフォーマンス

基調講演
「地域防災を支えるひとづくり」〜震災から学ぶ家庭・学校・地域のパートナーシップ
岩手県山田長教育委員会 箱山 智美氏
○発災の際
数日前の地震のあと家族で、自身が来た際の心構えを話し合っていた(美香氏からの教えを子供たちに伝える。)そのおかげで、すぐに迎えに行くことができなかった子供たちもさほど不安に感じることなくじっと待つことができた。
教訓
・想定外(過去の津波による思い込み)による逃げ遅れ
・情報待ちによる逃げ遅れ(メール配信もダメ、防災無線も聞こえない)
・避難行動要支援者の逃げ遅れ(判断が難しい)
・物をとりにいっての逃げ遅れ
・まわりの様子に合わせたための逃げ遅れ
家庭での「てんでんこ」
・災害の際のことを話し合う、話題にする
・避難経路を実際に歩く
・避難訓練には家族で参加
・自主防災活動の充実

○避難所での生活
・学校、地域、PTAが少しでも早くタッグを組み、組織を作ることが重要。
・中高生がボランティアとして活躍。その結果、学校再開したとき不登校生がゼロに
・子供たちの活動が大人を元気にしていく。

○震災後の取り組み
大槌町の取り組み
・子供たちの学びを守るために、地域・保護者が見守りをする
・NPOカタリバ→子供の学習する場を提供
・教育の再構築→教育課程への取り組み「ふるさと科」 
 地域への愛着を育てる、命の大切さを見つめ主体的に判断し行動することを学ぶ。
 地域とともに学び、地域に生きる。
・人と人とのつながりが最大の防災
<パネルディスカッション>
基調講演の内容をもとにソフト面から支える防災という視点で、慶應義塾大学准教授 大木氏、NPO理事相川氏、災害支援ボランティア代表 川島氏、徳島県防災人材育成センター所長 野々瀬氏による討議が行われた。
○防災、減殺の観点からどのような備えを進めていくか
子供たちへの発達段階に応じた、身を守るための訓練を集中して身につける。
3つの身を守るポーズ「だんごむし、おさる、アライグマ」
○人権が大切にされる避難生活に備えるためにどのような教育が必要か。
避難所生活には正解のないことがたくさんある。日ごろから実際の避難所生活を想定して、シミュレーションすることが大切。
指定避難所の問題点として、学校が避難者とどう接するのか、考えておく必要がある→子供や保護者に対する人権教育、被災者の自治組織の結成、調整役の設置
○どのように地域全体で防災について、子供も大人も学びあう場を築くか。
防災人材育成センターの取り組み→快適避難所運営訓練、リーダー養成講座、子供のための避難所体験、出前防災キャンプなど

<感想>
大きな震災を経験した神戸としても、もっと学校、地域、保護者、子供たちと一体になって防災について学び、訓練していくことが必要なのではないかと感じました。
箱山先生のお話にもあったように、まず命を守るために、自分で考え行動できる子供を育てていかなければいけないと強く思いました。
とても、よい勉強をさせていただきました。


▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454