ニュース&トピックス

家庭教育だより


平成27年度 第1回家庭教育専門委員会 (議事録)

平成27年6月17日10:00〜11:30 神戸市総合教育センター705号室

平成27年度 第1回家庭教育専門委員会 (議事録)
平成27年6月17日10:00〜11:30
                    神戸市総合教育センター705号室
                    司 会:帆足委員長 記録:堀井

1 開会
  帆足委員長によるあいさつ
  ・実のある、出席された皆さんが「やってよかったな」と思える専門委員会にしていきましょう。

2 各委員自己紹介と名簿確認
  ・昨年度は、4〜5人のグループに分かれて話し合いをした。「大人の道徳」をテーマとして、携帯電話の持たせ方や家庭のしつけ、長田区の小1女児殺害事件などについて討論を行った。
  ・他の区の情報や地域性も分かり良かった。
  ・家庭教育についてここで皆さんと一緒に学んでいきたい。
  ・いろいろな意見を聴くことができるとうかがっている。楽しみだ。
  ・水曜日に委員会を開かれると、幼稚園が半日保育なので最後まで出席できない。
  ・専門委員会の中でも一番興味のある家庭教育に配属された。期待している。

3 今年度事業の取り組み方について
  ・基本方針である「見つめなおす“大人の立ち位置”」にそって、毎月の小テーマを持ち、グループ討議をしていきたい。保護者の立ち位置を見つめなおし、子ども達に還元することができればよいと思う。
  ・委員会は月1回開催。時間は10:00〜12:00。
  ・小テーマを次回までに考えて持ち寄る。
  ・例えば…
*PTAにとって「必要なもの」と「必要でないもの」を取捨選択して、もっと合理化できないか。
*地域とのかかわり方
*新聞等周りからのPTAへのバッシングに対して、こちら側からはどうアピールできるか。
*PTA役員の子ども達にとって、親自身が学校に携わって欲しいのか、欲しくないのか。
      *PTA活動のキャッチフレーズのようなものを作ることができれば。
      *昨年度は、家庭での挨拶のあり方や会話のあり方。長田の事件を受けて、子ども達の安全について。昨年度の委員長は保護司の方だったので、公開ケースから話し合いをもった。夏休みや冬休みの家庭生活など。
      *垂水には「少年の町」という施設がある。自分の子どもだけではなく、他の子ども達にも目を向けるべきではないか。すると家庭教育という言葉には限定的な意味合いがあり、
       引っ掛かりを感じざるを得ない。家庭教育という枠組みから外れている子ども達にも視点を投じていきたい。
      *学校によって専門委員会の数も名称も異なる。いろんな学校の状況を聞くことができれば…。
  
  ・指定都市情報交換会が9月17,18日(木、金)に行われる。家庭教育専門委員会も分科会の担当が
   あるので、小・中学校の委員より10名の参加が必要となる。
     →近藤さん(上野中)、春名さん(布引中)、大東さん(吉田中)、辻さん(長田中)、
      宗野さん(太田中)、佐藤さん(塩屋中)、本山さん(御影北小)、天野さん(稗田小)、
      盛田さん(東舞子小)、堀井(小束山小)の計10名。

  ・指定都市情報交換会担当委員は、事前説明会の1日(未定)と9月17日(木)の午後(〜17時)に出席していただきたい。

4 終わりのあいさつ
   長くなりましたが、1年間よろしくお願いします。
   次回の家庭教育委員会は事務局より郵送にて通知。FAXにて出欠をお知らせください。
   指定都市関連で8月も委員会を開催するかもしれません。申し訳ありませんがよろしくお願いします。

5 次回専門委員会
   7月10日(金)10:00〜   神戸市総合教育センターにて


▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454