ニュース&トピックス

事務局だより


平成26年度神戸市PTA協議会「震災20年特別事業」「ありがとうの心 ここまで。とどけよう、未来へ」

「知る・聴く・やってみる。そして伝える」被災地体験レポート 参加者大募集

神戸市PTA協議会では、来年むかえる「震災20年」を一つの節目ととらえ、検討委員会を立ち上げ、特別事業を企画しました。

【趣 旨】
平成7年1月17日におこった「阪神淡路大震災」から、来年で20年を迎える。
神戸市PTA協議会としても当時、全国から数多くの義援金や支援、励ましを頂きながら、当時0歳だった神戸の子供たちが、復興と共に成長し、20歳となり成人となる特別な年でもある。
そこで、神戸市PTA協議会「震災20年特別事業」として、神戸の震災をもう一度振り返りその教訓を継承し発信できるような企画を行い、被災地訪問を経て、今後の東北との交流をめざす。またその活動を全国に発信したい。
【目 的】
 「20年の節目」ということを、1日だけのお祭りイベントと捉えないよう、当時の神戸の様子を忘れてしまわないよう。また、神戸の復興と、東北の復興は、速度も含め決して同じでないということを子供たちだけでなく、大人も対象に教え、再認識できるような内容にしたい。
その背景として、今の子供だけが神戸の震災を未経験というわけではなく、若い世代の親の中にも、他地域からの転入者が多くなり震災を知らない人が増えている。また大人も子供も、してもらっても、してあげるという気持ちが薄れてきている。なぜ東北支援が必要なのかも知らない子もいるという実情もある。現地の方からの声として、「一人でも多く東北被災地に来ていただきたい」と言われることの意味をよく考え、これをきっかけに「気づき」と、人としての痛みを感じてもらいたい。また、支援ということ、防災・減災意識を高めることにつなげたい。

会員の皆様(保護者・教職員)や、そのお子様であれば、おひとり(ただし子供は小学校高学年〜高校生)、親子、友人同士などで参加できます。

被災地を訪問し「知る」「聴く」「やってみる」体験をレポートしてください。

多くの参加をお待ちしております。

募集案内・応募リーフレットはこちら

詳しいお問い合わせは 神戸市PTA協議会事務局まで!

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454