ニュース&トピックス

事務局だより


第70回 指定都市情報交換会 京都大会 報告 【第1分科会・組織・運営】

平成26年9月11日(木)・12日(金) 京都ロイヤルホテル&スパ


▲開会式の様子・・・担当都市京都が盛り上げます。


▲第1分科会の様子(13指定都市の会長が一堂に会しました)

第1分科会:組織・運営
分科会テーマ「これからの指定都市PTAのあり方と方向性」
趣旨
 各指定都市協議会の組織としてのあり方と運営に関する課題を共有することにより、情報交換をしながら指定都市PTA としての役割を考え、その課題に対する解決の糸口を見出す。
内容
 事前に各指定都市協議会にアンケート調査があり、その集約されたものが資料として配られていた。
前半は会長・事務局長同席で会合を持った。
 まずアンケート集約について説明がなされた。
項目順に
1.会員数 4万5千人の千葉市から20万人の横浜までの幅がある。神戸市は12万人である。
2.会費 50円(さいたま市・京都市)〜1000円(仙台市)。単位PTAから3000円徴収+児童生徒から85円(名古屋市)
3.加盟している学校種  小・中・特別支援学校が多い。幼・高が加盟している協議会がある。(京都、大阪、神戸は5校種) 
4.役員の数 本部役員なのか理事全てかというところでまちまちである。
5.会長の選出方法 任期について  推薦委員会を設置して選考にあたるところや行政区から役員候補者を選出し選考するところと半々であった。任期は1年で再任を妨げない。同一役職3年以内(2協議会)5年以内(1協議会)
6.PTA保険(任意保険以外)について任意保険について  任意保険の運営をしているところ8協議会であった。
7.事務局数 3名(9協議会)

後半は会長・事務局長と別れて会合を持った。
事務局長の会合の様子
 任意保険の手続き上の問題について話し合う。パンフレットの配布については校長会と話がしっかりできているところは、教頭先生にお願いして各家庭に配布できるなど可能だが、話し合いができないところや協力的ではないところは役員が学校に行って配付するなどしている。
 途中門川市長が入室され、京都で町内会に参加していない家庭が3割いる。自己中心性が進んでいる。PTAは全員加入するのが当然だという種の発言に同意され、発言をされた。
(記録:神戸市P事務局)

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454