ニュース&トピックス

組織・運営だより


第5回 組織・運営専門委員会 議事録

 平成25年11月20日(水) 10:00〜12:00 神戸市総合教育センター 806号室


▲発表の様子と、ワールドカフェ形式の討議の様子


▲ワールドカフェでは、メンバーのローテーションの中、さまざまな意見が出ます

第5回 組織・運営専門委員会 議事録
   平成25年11月20日(水) 10:00〜12:00 神戸市総合教育センター 806号室
                     

1.委員長あいさつ

・先日の近畿ブロック神戸大会にてご協力していただいた方々、お疲れ様でした。無事に役目を努めて頂き私自身ほっとしております。今後、PTA フェスティバルもあります。参加ご協力よろしくお願いいたします。さて、委員会も来年3月の総会での発表に向かって終盤に入ろうとしています。年内(今日とあと1回)の意見交換を終えると来年の委員会2回はまとめになりますのでよろしくお願いいたします。


2.本日のテーマについて
・最初に皆でテーマを決める事としました。今までの会議を基に「では理想とは?成功例は?」を意見交換することとなりました。本日も各人が意見を出しやすいワールドカフェ方式による意見交換としました。尚、5校種の集まるこの場では校種毎に問題も違うので4班に分かれた各班のテーマ内容について、机上の模造紙には校種毎に意見が分かるように記載しました。テーマは前回をそのままにして・(A班)人との関係・(B班)役員選出・(C班)組織運営、PTA・(D班)フリートークとしました。


3. ワールドカフェ
  ・ 約1時間の後、各班のコーディネーターが以下のとおり発表しました。
  ■(A班)人との関係 

    小学校では地域との連係はよくできていると思われます。特に役員やそのOBは青少協への参加など長く深くかかわりなかなか辞める事もできない傾向があるようです…ある中学校では学期に一度保護者と先生との茶話会のような企画があり感心しました。

中学校では小学校ほど地域との関わりが保護者は少なくなりますかが生徒の校外での素行の監視にはより地域の協力が必要となります。

高校では生徒が地域活動に参加していますが保護者はあまりその機会はないようです。

幼稚園では地域に助けてもらう事のほうが多いようです。
子どもが小さいうちはなかなか外にでるのも容易ではありませんが中にはお母さん同士が親睦をふかめる企画を作っている所もあるようです。



  ■(B班)役員選出

【学年委員の改正例について】
<小学校>
     ・一家庭につき2回 
→ 少子化に伴い一子につき1回または1回以上に改正した。
     ・全家庭にシャッフルした名簿を配布し投票していた。
     → 名簿配布を廃止し推薦にした。
<中学校>
     ・委任状を提出された方も選出メンバーにいれて担任がクジで決める。(家庭の事情等で役員が出来ない方は事前に担任メンバーから外している。その為、プライバシーが守られる)
    <高校>
     ・役員に選出されても参加しない方がいる。
       →人数を増やし、参加される方の負担を減らした。
    <幼稚園>
     ・話し合いで決めるが、必ずしも円満に決まるとは限らない。
       →円満に決められる方法を検討中
  【本部役員の改正例】
    <小学校>
     ・改正するには歴代の役員、地域の方々の意見を聞かなければ難しいところもある。
       →人数を増やし、参加される方の負担を減らした。
    <中学校>
      ・次期本部役員を現役員が決める事が出来ない。
       →本部で決めることができるようにした結果、気心が知れているので運営がうまくいくようになった。

■(C班)組織運営・PTA

バザーについて 
・不用品(新品)収集 、手作り品は事後に材料費(上限)のみ支払い
(中・高:制服、体操服リサイクルも含む) 売上は 幼=年間の活動費確保
         小・中・高=児童の為の物品購入(テントや図書)⇒ PTA活動費には入れない
ベルマーク収集について 
・コープ、郵便局、近隣のスーパーなどに Box 設置
        ・目標設定(県内一 or 具体的な点数)する事で意識を高める
廃品回収について   
・地域性はあるが、市リサイクル活動助成金を活用
        ・収集ベースに役員を配置し、収集の手伝いをする
        ・子供たちに役割を持たせ、収集の手伝いをする⇒ PTAはメールでサポート依頼
一人一役運動について 
・役員だけではなく、各保護者が何かの役割を果たす
        ・年度の初めに全行事を案内して、参加を促す。 参加チェック(罰則)は行わない
         例:学校公開Dayのガイド役、プール立ち番、大掃除 など


■(D班)フリートーク
・中学校では、意見が偏らないよう各小学校出身者から選出している。
・学校でなにか改善すること新しいことをする場合、承認を取らなければいけない場合があるので長い期間準備をして実現させるのは難しいため現役員が任期満了の場合は次期役員に引き継いでもらう。
・仕事をしながらPTA役員をしていると仕事の関係では収入は減るが、それに変わるものが得られる。
  ・防犯活動として、ある小学校は事件があればメール配信をする。集団登校をしている。挨拶運動と共に見守る。



                
4. 次回以降の委員会予定
第6回 組織・運営委員会
       12月18日(水)10:00〜12:00
       神戸市総合教育センター703号室

      ※来年の第7回(1月)、第8回(2月)、総会(3月)

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454