ニュース&トピックス

事務局だより


平成25年度 神戸市PTA安全教育振興会会員対象研修会 「いじめの存在」〜いじめを乗り越えるために〜

7月4日(木) 10:00〜 KEC 10階ホール 参加者約400名


▲大沼えり子さん


▲会場は満席状態でしたが静かに熱心にお話に聞き入っていました。

雨の日にもかかわらず会場はほぼ満員となりました。
神戸市PTA安全教育振興会研修会は今年で5回目を迎えます。安全教育振興会はPTA活動を安全安心に行っていただくことをサポートするお見舞金制度です。この一環で毎年、会員対象に講演会などを行っています。
今年のテーマに取り上げたのは「いじめ」。保護司、DJ、作家、歌手、割烹のおかみさんからさまざまな10の仕事を持つ大沼えり子さんにお話をしていただきました。

講演は、大沼さんの小柄な体からは想像もつかない元気とパワーを持っておられ、はきはきと明るくお話されるので、「いじめ」を取り上げた内容はとても重いものでしたが、笑いもあり、涙もあり、親として子育てについてもう一度見直し、頑張ろうという気持ちにさせられる様な内容でした。

保護司としてかかわる少年院での話で、そこで見た少年たちの純粋さに、何が悪いのかと考え、行きついたのはいじめと虐待。
そこからご自身の話になり、いじめを乗り越えた親子のきずななど、さまざまなエピソードを交えお話しいただきました。

参加者にむけてのメッセージは「親として子どもと正面から向き合うこと。いじめのサインを見逃さないこと」。
いじめられている子どもにサインは、学校のことを言わなくなる。おねしょをする。親と目を合わさない。勉強ができなくなる。夜眠れなくなるということ。いじめている子どもは、元気になるが成績は上がらない。なつっこくなる。食べものの変化。食べなかったものを食べたり、拒食になったり」などがあげられる。
そして自殺を考える子どもには「誰のために生きているのでもない、母(私)のために行きなさい」という言葉を。
最後に「皆さんも地域の子も見ていけるよう、一緒に親になりましょう、一緒に育てていきましょう。」
と会場に呼びかけました。

あっという間の90分でしたが、
参加された方はどなたも晴れ晴れとした表情で帰って行かれました。

安全教育振興会では、会員の皆さんのニーズにこたえ、このような研修会を開催していきたいと思います。



▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454