ニュース&トピックス

事務局だより


第68回指定都市情報交換会 名古屋大会報告?(第4分科会「広報活動」・第2分科会「研修活動」)

9月13日(木)〜14日(金) 会場:ホテル名古屋ガーデンパレス 神戸市からは8名が参加しました。1日目の分科会と2日目の記念講演会の報告を順次アップしていきます。


▲第4分科会の様子

◆第4分科会
 ●分科会テーマ 『指定都市PTAの広報活動のあり方』

  単位PTAの会員にとって、市PTAがどのような活動を行っているのかを
 十分に理解できないのが現状である。したがって、市PTA活動への協力・支援
 を得るためにも広報活動の充実を図っていくことが大切である。
  そこで、指定都市PTAとして、PTA新聞やホームページなどの媒体を通して
 どのように広報活動を行っているのかについて情報交換する。
 
  1.「提言?」  PTA新聞「PTA名古屋」による広報活動について
  2.「提言?」  名古屋市PTAのホームページ制作について
  3.協議、情報交換
  4.その他  広報活動にかかわる情報交換
 
 ●協議

  まず、13都市の参加者の自己紹介からスタートしました。
 参加者の中で、複数年・単年で交代する都市の意見交換があり、広報新聞を作るには
 複数年携わっている方が、良い広報誌が作れるのではないか?と意見交換がありました。
 
  提言?の「PTA名古屋」の発行
   ・昭和23年に白黒印刷で発行される。
     発行から262号は白黒印刷で、字や写真が読みづらくなっていたため、263号からカラー印刷がスタート! 
 
   ・広報誌を読みやすく、写真等を多くのせ、読者が読みやすい広報新聞にし、費用面でも白黒印刷→カラー印刷に。
     白黒印刷から、カラー印刷に変わっても、同じ費用で抑えて発行できる様、努力しているようでした。
   ・ここでも・・・1つの意見があり、より良い広報新聞を作るためには、複数年係わっている方が運営がしやすいために、
     毎年、市PTA役員や委員が代るのでは無く、複数年係わっている市PTA役員(副会長)が委員長を務めるのが良いのではないかと
     言う意見がありました。市PTA広報新聞は、市PTAが発行する重要な新聞である為に参加都市全体で、複数年者の役員を選出して
     各都市が運営のしやすいよう動きを合わせ様と意見がありました。
   ・PTA新聞の予算も、保険会社や安全振興会からの予算が多く、今後の予算確保できるのか?
     一般企業の公募も検討し広報新聞の活動を充実させては・・・と意見もありました。
   ・広報新聞の運営の仕方も業者、委員が制作と大きく2つの意見に分かれていました。
     業者の方では、あがってきた原稿をチェック、手直しをし、業者に後は任せる。
     委員の方は、最初から最後まで委員が作成し、取材・原稿・手直しも行う。
     
  などの、さまざまな意見がでましたが・・・どの都市でも考え方が同じと思えるのは、PTA目線で広報新聞を作り
    誰もが読める広報新聞を発行していくということでした。
   
  *その他
      ・校長会から校長先生にコラムを書いていただき掲載する。
      ・有名人等を載せて読者が読むようにする。
      
 
 提言?の「PTAホームページ」制作について
  
 ・ホームページページに関しては、協議会や市の管理が多く、担当者が毎年代ることが無い為に運営しやすい。
  名古屋では、ホームページを管理業者に任せているようでした。カレンダーをクリックすると行事などが見られるよう工夫されていて
  安全振興会(保険)の書類がダウンロード出来たりもするそうです。
   
  ホームページの議題については、会議時間が足りなく情報交換はあまりできませんでした。
(広報専門委員長)

◆第2分科会
〇市Pとして、単Pのバックアップしている。
〇各単位PTAのボトムアップをはかっている。
〇各単位PTAのフォロー、伝達をどうしていくか。
〇各研修について
 ・新人研修をどうしていくか
 ・仲間づくり
 ・会長が1年、2年で変わる
 ・新会長研修
 ・副会長研修
○参考になるものとして各都市で製本された、研修会をまとめた冊子をいただきました。

(研修専門委員長)


▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454