ニュース&トピックス

事務局だより


第60回 日本PTA全国研究大会 京都大会に参加しました?。 各分科会に参加された方からの報告を掲載していきます。

特別第1分科会(日本PTA担当)みやこめっせ・第7分科会(環境教育)みやこめっせ


▲ 大林素子さんの講演の様子と、 田本博子さんの銀メダル


▲「景色いけ実演」

◆特別第1分科会
 <研究課題>
   スポーツと教育「のり越える」
    〜人生の課題について、前向きに取り組むことをスポーツを通して学ぶ〜
 
<基調講演>
   大林 素子 元女子バレー全日本エースアタッカー
    〜トップアスリートとして歩んできた、今だからこそわかること〜

  大林さんのバレーを始めたきっかけは、小学生の時から身長が飛びぬけて高く
  「デカ林」「ウドの大木」など、男子生徒からバカにされたこと。
  自分でもコンプレックスだったから、なんとか奴らを見返してやりたい!
この高い身長をいかすには・・・当時のアニメ「アタック?1」
見返したかった奴らは、今はファンクラブの会員さん。
コンプレックスが大林さんを成長させ、周囲を認めさせ、自分の中でも受け入れることができ、今の素敵な大林さんに。
そしてスポーツ選手には必ずあるケガ。大林さんは「休む勇気を持つことが大切」
人生もそうかもしれません。高い目標より、まずは近い目標を持って自信を持たす。
前向きの大林さんは子どもの頃からの夢、次は「女優」にチャレンジ中。
夢を追い続ける大林さんはとても輝いていました。

<実践発表>
  田本 博子 シドニー五輪ソフトボール銀メダリスト
   〜乗り越える! 全力疾走魂〜

元気いっぱいの田本さん。会場の私たちに「3秒ルール」で銀メダルを手に取らせて
くれました。ありがとうごさいました。
シドニー五輪で銀。次は北京五輪で金。その為には「心技体」だけでは勝てない。
強敵アメリカに勝つためにはどうすればいいのか・・・「脳を変える」こと。
具体的に「ありがとう」この言葉を1000日合宿で徹底して取り組んだそうです。
「ありがとう」には感動と感謝が含まれていて、感謝する力・感動する力を育てていくと、物に対する考え方が次第に変わってきたそうです。チームの団結も。「ありがとう」は周りに笑顔が増えていく。合宿最終日は休日にして、各自ご先祖に感謝の気持ちを込めてお墓参りをしたそうです。そして「ありがとう」が金メダルに!!
お二人の講演で共通していることは、感謝の気持ち。たくさんの人々のおかげで
今の自分がいること。私たちも「ありがとう」を重ねていきましょう。(中P連金辻)

◆第7分科会
〈基調講演〉
「いけばなで自然と生命の大切さを学ぶ―共有 共感 共生 共創―」
・講師 嵯峨御流華道家 辻井 ミカ 氏

日本伝統文化であるいけばなを通じ、「水の大切さ」と「美しい風景を守りたいと思う心を育てる」環境教育についてお話をしていただきました。
嵯峨御流華道で大切にされていることは、風景とは人と自然の関わり合いによって保たれ、この七景(深山、森林、野辺、池水、沼沢、河川、海浜の景色)が人々の生きる上で必要な五感を生み出している原点であり、かつ「七景のどれ一つかけても日本の自然美はおろか生命観がかけてしまう」ものであるということ。
その七景の中で「沼沢の景」を実際にいけていただきました。
素敵なお話と共に鮮やかな手さばきで、水盤に見る見るうちに自然そのもののような景色が出来上がっていきました。
いけられた見事な「景色いけ」に魅了され、「風景は人と自然の関わり合いによって保たれる」「美しい景色は人が作り上げるもの」「永遠に循環する一連の水の流れを保つことが環境保全につながる」ということを学んだ講演でした。
 
午後:
〈実践発表・研究討議〉
「京都市立蜂ヶ岡中学校あじさいプロジェクトの取り組みについて」
「あじさいプロジェクト」は、生徒たちが1人1鉢のアジサイを育てて、アジサイの鉢を地元の商店街などに並べて「あじさい祭り」を行ったり、ゴーヤによる緑のカーテンにも取り組んで近隣の幼稚園や保育園に出向いて広めたりしています。「あじさいプロジェクト」を地域社会に広げていく中で、学校の応援団としてのPTA活動が、中学生を励まし、顔の見える地域づくり安心安全な街づくりにつながったということでした。

「ノーテレビ・ノーゲーム・ノーケータイデーについて(幼P連から他の学校種への関わり)」

毎月16日を「ノーテレビ・ノーゲーム・ノーケータイデー」に設定し,テレビやゲームを消して,家族のふれあいを大切にするとともに,家庭での消費エネルギーの節約に取り組まれています。継続して取り組むことの大切さや難しさを感じながらも、様々な工夫をされて意欲的に活動されていました。(中P連久家)

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454