ニュース&トピックス

健全育成だより


第2回健全育成専門委員会報告

平成23年7月14日(木) KEC(806号室)10:00〜12:00 


▲皆さんが、楽しく、たくさんの意見を言える場になるよう、副委員長と考えていきます by かぢゅ(委員長)

第2回健全育成専門委員会報告

平成23年7月14日(木)
KEC(806号室)
10:00〜12:00 
参加者   20名 
【次第】
1.委員長あいさつ
 司会進行は委員長がおこない、皆さんに意見を出してもらいそれを集約していく。
 はじめて参加された方もおり、改めて自己紹介をしてもらう。
 モチベーションを高く、プラスになるような一年にしたい。

2.自己紹介での中で、ネットの使い方、携帯電話の使い方、あいさつ運動、薬物問題、地域連携、読み聞かせ活動などについての意見や、暴力団=少年非行を同列に扱っているスローガンに怒り。など。

3.本日の資料として、
「健全育成専門委員会活動のあゆみ」
「平成15年度作成のアンケート報告」(単Pに配った)
「食育」「消費者教育」について…市P協の今年度の活動方針で特に力を入れており、専門委員会活動の中でも取り上げてほしいと言うことも念頭に。
 昨年行った「コンビニエンスストア」の調査についての経緯はなんだったのか?
 日Pからの、コンビニ協会に要望書を出した後、守られているのかの調査だった。

4.自己紹介の中から、「あいさつ」「ネット」「薬物」「読み聞かせ」などについて
あいさつ運動について「自分の子どもを叱ってください」という横(親同士)拡がりをつくっていけばよいのでは。
保護者のあいさつができていない。
学校へ来ていただいて、登下校時の見守りをしてくれる保護者や地域の人を紹介し名前と顔を覚えてもらった。
読み聞かせ活動をしており、子どもがおぼえてくれて、あいさつしてくれるように。こちらもそのことから親しみを感じる。
保護者同士がメールを利用することなどで、顔を合わせる機会の減少と共に、知り合う機会も減ってきているようだ。
最近の子どもたちは、相手の顔色で感情を読み取ることができない。コミュニケーション力が薄れてきている。
夏祭りなどの地域の行事で、親子ともで地域にかかわって仲良くなっていく。
PCの履歴から、子どもが今何に興味を持っているのかがわかることも。
「麻薬」「携帯」の危険についての啓発ビデオなどもあるが、見せる時期やタイミングに悩む。
事務局にもビデオや本があり、活用してほしい。
「あいさつ」は帰ってこなくても、する意義はある。続けることが大切。
「あいさつ」はコミュニケーションツールと思って、大人になっても必要、小さなうちから身に付けさせたい。
中高生は恥ずかしくてあいさつしない子もいるのでは。
1つの話題で話し合うなど、家庭で子どもと向き合うことであいさつもできる。
有害なものにはふたはできない。大人も子どもも興味あるものは見てみたい。
子どもが「NO」と言えるようにすること。ネットの友人が本当の友人なのか。中高生の本音を聞いてみたい。
「だめ」ばかりでは難しい。成長していく中で強い心を作っていくような仕掛けをするのが大人の責任。
薬物についての情報など教え、子どもに免疫力をつけること。

5.まとめ
多くの良い意見が引き出せた。考えてきたとおりにはいかなかったが、かえって良かった。次回、もっと具体的に話を進められるように考えていく。
6.次回について
8月はお休み。9月6日(火)10時〜12時(会議)
12時〜14時ごろまで一緒にお弁当を食べながら座談会をします。
場所は、KEC(807)です。
7.事務連絡(事務局)なし

8.終わりの言葉
お疲れ様でした。

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454