ニュース&トピックス

事務局だより


平成23年度会長副会長研修会が開催されました。

5月20日(金) 9時45分〜 神戸新聞松方ホール 


▲「失敗しても誰のせいでもない、こうしてみたら?と考えることが大切。」


▲広報誌コンクール表彰式。おめでとうございました。

 市P協主催の新年度の会長、副会長対象に毎年行われます。
神戸市立学校園の役員の方々が早朝より、集まられ役員だけでも520名、併せて行われる広報誌コンクールの表彰式関係の方がた等も合わせ、会場は、ほぼ一杯となりました。

 会長のあいさつの後、社会教育部長からもごあいさついただき、会が始まりました。

 初めは、昨年度発行分の学校園PTA広報誌コンクールの表彰式です。応募総数105校園から、1次、2次審査を経て選ばれた、優秀賞3点、入選11点、佳作15点の作品が表彰されます。
 各代表の方々が登壇され、トロフィーや症状を会長から受け取られました。
 
 続いて市P協についての説明をパワーポイントで行いました。単位PTAと市P協との関係や市P協の事業、専門委員会の説明を行いました。

 この後、今年度は講演会を行いました。今回の講師は、株式会社植松電機の専務取締役、植松努氏で、演題は「思うは招く〜夢があればなんでもできる〜」です。
 子どものころからロケットや飛行機にあこがれ、夢を実現するまでに至ったお話や、
 人とのつながりを持つことの大切さ、無理だ、とあきらめないことの大切さ、お金のためでなく社会の役に立つために働くという気持ちを忘れないこと、可能性信じ一生懸命生きるということ等、ご自身の体験から得た言葉でお話いただきました。

 1時間半の講演でしたが、ぐいぐい引き込まれ、あっという間に時間が過ぎました。

 人とのかかわりやつながりが欠かせないPTA活動です。今回、PTA役員をお引き受けいただいた皆さんの心にも「やってみよう」という気持ちが芽生えたのではないでしょうか。

  

 

▲ページTOPへ
神戸市PTA協議会事務局
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-2 神戸市総合教育センター内
Tel. 078-360-3453 Fax. 078-360-3454